代表印は必ず1本、というわけではないです

  • RSS

社印で意外と誤解されているのが、「代表印」。
ほら、社印って一般には
「代表印」⇒個人でいうところの実印
「銀行印」⇒個人でいうところの銀行印
「角印」⇒個人でいうところの認め印
て言われているでしょう?

実印は、1人1コ。
もちろん会社だって、法務局に届けられる印鑑は1つしかありません。
だから、会社の「代表印」って1つなんでしょ?
というわけ。
いーえ、違うんです。
だってそれじゃ、社長決議の書類は、全部実印押すってことでしょ?
そんなポンポン実印押すの?
社長決済の必要な見積書を先方に送るのに、実印押して渡すの?
そんな不用心なこと、しちゃいけません。

じゃあどうするのかといえば、代表印を2つ作っちゃうんです。
1本は、あくまで実印。
法務局に届けている印鑑で、会社の登記等、それでなければ通らないもの以外には決して捺印しません。
もう1本は、役職印。
「代表」という役職にあるわけですから、支店長やら部長やら他の役職の人と同じように、役職印を持てば良いのです。
もちろん、法的にまったく問題ありません。

これならば、先方に代表決済であるであることを伝える重要な書類にも代表印を押すことができます。
一般には、領収書や見積書などには社名の書かれた角印で十分ですが、先方に敬意を表する必要がある場合などには、こちらの代表印を押す方が、先方としても気分が良いです。
また、書体は実印には印相体を用い、役職員にはもっと読みやすい隷書体や古印体などを用いる方が賢明です。
せっかく代表印を押すのですから、相手にきちんと代表印であることが伝わる書体にしましょう。

〔お気に入りWEBショップのご紹介〕
早い・安い・高品質の三拍子が揃った印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】
個人印鑑はもちろん、会社設立印や事務処理で使うゴム印・スタンパーまで、 お客様の目的にあわせた商品を、豊富にお取り扱いしております!
商品のお届けまで心を込めて対応させていただきます。

このページの先頭へ