起業にはもってこいのパワーストーン

  • RSS

みなさんは近年、印材にパワーストーンが用いられていることを知っていますか?
パワーストーンは、石そのものがなんらかの秘められた力を持っているとの考えから、持っているだけでその力を享受できるという、いわばお守りのようなアイテムです。

もちろん、その効力についてはまったくといって良いほど科学的根拠はありませんが、パワーストーンを買い求める人はちっとも減りませんから、それだけの魅力は確かにあるということでしょうね。
そんなパワーストーンを、大事な場面で使う印鑑の材料に、というのは、なるほどなかなか面白い考えです。
パワーストーンの中には、もろくて印材に適さないものもありますが、水晶やメノウ、翡翠などは非常にかたく、日本ではあまり多くありませんが海外では翡翠の印鑑などが珍しくありません。
決して突飛な発想ではないんです。

もちろん、社印だって、これらパワーストーンを印材にしたものを使うことができます。
水晶(クォーツ系)の石や、メノウ、赤メノウ、縞瑪瑙といったメノウ系の石、さらには、昔から貴賓に好んで用いられる翡翠やラピスラズリなどが、一般的に印材として用いられる石でしょうか。

私は個人的にはラピスラズリがとても好きです。
ラピスラズリは、美しい青色をしていて、「奇跡の石」とも呼ばれるほど強い力を持つ石だとされています。
昔、ツタンカーメン王のマスクに、紋章として施されていたのがこのラピスラズリだったということも有名な話しです。
決断力と表現力も司る石ですから、特に起業にはもってこいですね。

〔関連商品のお得情報〕
法人印鑑の持ち運びに必須!
天丸タイプの印鑑に対応した印鑑ケースを、特価にてご提供しております!
ケースには朱肉が内蔵されているので、どこでも捺印できて便利です。

⇒法人印鑑ケースのご購入はこちらから

このページの先頭へ